Deprecated: Function ereg_replace() is deprecated in /home/campe-web/php-data/script/usr/info.php on line 6 DrectShoppingSystem | 備前味噌醤油株式会社




地元に愛され続ける、老舗の味噌!
岡山は三大名園後楽園のたもと、創業130余年の「備前みそ」。
コクと旨味の樽熟成「むぎみそ」と裸麦をふんだんに使った「金山寺みそ」が美味しく出来上がりました。創業からの製法と代々受け継がれし職人技をもって作り上げたこれらは、国産原料なのはもちろんの事、その中でも地元岡山県産にこだわり抜いて吟味した素材を使用。「晴れの国 岡山」で育まれた大豆と裸麦、そして瀬戸内海の塩、温暖な気候に恵まれ、のびのび育った原料で作られたお味噌達だから太陽の匂いと味がほんのり漂います。優しく素朴なお味噌だから皆様にもきっと喜んで頂けるはず・・・
「むぎみそ」はやっぱりお味噌汁が一番!
どんなダシ、どんな具材でも相性ピッタリよく合います。一般に最も流通している「米みそ」と比較すると旨味成分が多いのが「むぎみそ」の強み。お味噌汁は出来上がりが一番美味しいのはもちろんですが「むぎみそ」は冷めても、または温め直しても旨味がしっかり残っているのが特徴です。お味噌汁以外でいえば、鍋物、炒め物等、幅広くお使い頂けます。
「金山寺みそ」の用途は本当にたくさんあって何から紹介しようか迷うほど・・・
基本からいけば、温かいご飯にそのままつけて食べるのがお勧め。後はおにぎりの具材や表面に塗って焼きおにぎりもおいしくいただけます。忘れてはいけないのが新鮮野菜につけてそのままいただく食べ方。きゅうりにつけても「もろキュー」、その他「焼ししとう」や「茄オクラ」につけてもとても美味しくいただけます。
その他料理例を挙げると、冷奴にのせての「もろみ豆腐」、火を通した焼き魚に上に塗ってその表面を炙ると「魚のもろみ焼き」、お茶漬けに塩こぶなどと一緒にのせて「もろみ茶漬け」、個人的に気に入っているのが、卵ごはんに醤油と味の素を少々入れ、更に「金山寺みそ」を投入!海苔まで入ればこの上無し。てな風に食べ方は個人の自由気まま!
そんな「むぎみそ」「金山寺みそ」を我々、備前みそが自身を持ってお勧めいたします。